主页 > 舆情 >

54 雷沢帰妹 ( らいたくきまい )

时间:2018-12-18 22:08

来源:作者:admin点击:


沼沢の上に雷鳴がとどろき、水面を波立たせている。
進めば必ず帰る所あり。故にこれを受くるに帰妹をもってす。
進めば凶。利益なし。
君子はこの卦を見て、一時の現象にとらわれる弊害を悟り、永続の道を心がけるのである。

相場は、 保合の象なり。然し何れかといえばこの卦は泰より来ると見る可く、泰は元来不動の卦なれども気配善き方なれば、今一陽上がるは高き方なり。
変動を示しつつ上に動く。秋に奮う雷で時を得ていないため大した高値ではない。始め沢の安値、二三四の火の上騰、三四五の水の急落、四五上の雷の反発というように、小変動と断ずべき。
高下始下り後に上がる。
己 丑 : 上がらんとする傾きありて結局上がらず下る方なり。

主爻(内卦、外卦、大成卦):三爻、四爻、五爻
※六十四卦大勢の動きに対する小勢の動きとして、主爻に配する爻卦をみて(相場八卦高低変動外観)、動きの程度を考慮して判断のこと。

帰するとは、女の嫁するをいう。兌沢の少女が、震雷の長男に嫁ぐの義。 婚姻の卦とする。悦びて動くの象あり、これ夫婦和合の義。漸とは表裏、漸は緩徐とし帰妹は頓急とする。早急に事を成そうと欲する意。早急に事の成る義もある。 従来係り思うことは悪い結果に終わる兆。色欲に溺るる意。帰入するの義。利欲を遂げようとする心が速急であれば必ず損があり、徐々に勉むるときは利得がある。勝負、我が方に利あり。

帰妹(きまい)は、征けば凶なり。利(よ)ろしきところなし。
彖に曰く、帰妹は、天地の大義なり。天地交わらざれば万物興らず。帰妹は、人の終始なり。説びてもって動く。帰ぐ所のものは妹なり。征けば凶とは、位当たらざればなり。利(よ)ろしきところなしとは、柔剛に乗ればなり。
象に曰く、沢上に雷あるは、帰妹なり。君子もって終わりを永くし敝(やぶ)るるを知る。

54  雷沢帰妹 らいたくきまい 思惑ちがい

兌(若い女性)が積極的に震(成人男性)に働きかけているが、愛情の裏付けに乏しい関係。思わくが違って小凶。女の思慕があって道ならぬ恋。女性の色気だけで知性に不満。思い通りにならないので災害や手違いに注意すること。結婚は女性に吉だが男性に凶。目前の利益に囚われず末路を考えよ。話し合い誠実をつくせば後吉。

この卦は上が雷、すなわち長男で、下は兌、すなわち末娘である。[年上の]男が若い娘を導き、娘は喜んでそれに従う。これは娘が夫の家に入ることを象徴的に示している。易経には妻と夫の関係を表す卦が4つある。すなわち若いカップルが互いにその魅力で引き合う姿を示す第31番目の沢山咸(感化)。結婚生活の恒常的な関係を示す第32番目の雷風恒(持続)。延々と続く儀式的な手続きを一つ一つ踏んで正式な結婚に至る過程を示す第53番目の風山漸(展開)。そしてこの第54番目の帰妹(嫁ぎゆく娘)は、若い少女が年上の夫に従いゆく様子を示す。

事を進めても結果は悪い。
良い事はない。

娘が嫁入し、家族の一員として迎え入れられる。しかし正妻としてではない。そういう場合特別の注意をもって慎み深く行動すべきである。決して正妻の地位に成り代わろうとしてはならない。もしそのようなことをすれば混乱を引き起こし一家が大変なことになってしまう。同じ事が、すべての私的な関係についていえる。個人的な人間関係というものは、如才なく、慎み深くしていないと長続きしにくいものだ。たとえルール違反は何一つしていないとしてもだ。どのような場面であろうと友好的な感情が人間関係の基本である。なぜなら、そもそもこの世界は、天と地が仲良く手を繋ぐこことから始まったからだ。人の社会も同じことだ。自然な友好的な感情が全ての関係の基本である。

雷が湖の上に鳴り響いている。
雷沢帰妹のイメージである。
かくして君子は
宇宙的な永遠の時間の流れという視点から見れば
すべての現象は一時的な仮の姿であることを知る。

雷が湖の上に鳴り渡ると、湖の面にさざ波が広がっていく。帰妹は好きな男に従い行く娘を表わす。しかし、すべての個人的な関係は、ボタンの掛け違いから、際限のない誤解や仲違いが起こる可能性を秘めている。いつか終わりの来る関係だといつも心していた方がいい。その場しのぎの浮き草的な人間関係をやめ、いつか終わりの来る関係だといつも意識しているなら、親密な人間関係が乗り上げやすい暗礁を避けることができるだろう。

54. 雷沢帰妹(らいたくきまい)天卦:震 地卦:兌破綻 自由結婚 道ならぬ恋

【责任编辑:admin】
热图 更多>>
热门文章 更多>>